『不埒なおとぎ話-吸血鬼の場合-』の作品情報

不埒なおとぎ話-吸血鬼の場合-

「は? 失礼だって? 笑わせんな。エサめが。」女子=エサとしか思っていない吸血鬼が恋に落ちた相手はなんと●●……!?

目が合った相手の意識を操ることのできる吸血鬼「キュリアス」。彼は女子の意識を操り、自由気ままに“淫らな食事”を楽しんでいた。ある日、街で一人の女性に襲われたキュリアス。なんとその女性は過去キュリアスが術を使い、カラダを弄んだ女性だったのだ!
記憶がない状態にも関わらず無意識に怒りをキュリアスにぶつけようとする彼女。そんな彼女から助けてくれたのは……胸が大きくて可愛い顔で……下半身が“●●”なイェラだった。その容姿に驚きつつも、その素直な性格に目が離せなくなるキュリアス。しかし、イェラもまた切ない恋をしていた──。それまで心とカラダを思うまま弄んできたキュリアスが初めて感じる胸の痛み。これは罰なのか、それとも……?
奇妙な三角関係が織りなす不思議な恋物語♪

この作品をつぶやく

関連作品

人気のキーワード