『スパダリ後輩の執着えっち~溺愛される記憶がありません!~【第4話】』の作品情報

スパダリ後輩の執着えっち~溺愛される記憶がありません!~【第4話】

「こんなにえっちで可愛い顔、俺だけのものだ」奥まで深く繋がって……紫藤くんを信じたいのに――

「直接触ってほしい?」わかってるはずなのに、意地悪に焦らされるともどかしいっ!
ついに事故の日の断片を思い出した雛子。紫藤くんと付き合うことになった経緯をたどりたいのに、なぜか彼の様子がおかしくって……。
余裕なく迫られて、堅い雄で奥まで激しく掻きまわされて……ねえ、私たち、心も繋がってるよね――?
執着系スパダリ×イケメン苦手で地味な記憶喪失OLの、超溺愛オフィスラブ第4話!

この作品をつぶやく

関連作品

人気のキーワード