『2LDK、野獣つき【第3話】』の作品情報

2LDK、野獣つき【第3話】

「コレにキスして、舌で転がしたら、今日はどんな声で哭く……?」

「俺のこと、欲しいっていう気になった?」朝、起きると彼が台所に立って私に笑いかけてくる。高鳴る心臓。挙動すべてに、敏感になる……。謎の男・槐(かい)と同居することになった芹菜は、槐の優しさを素直に受け取ることができずに、モヤモヤする日々を送っていた。どうしてこんなに意識してしまうの? 触られただけで、夜のことを思い出して、外でも感じてしまう……。でも、当の槐は自分のことをなにも話してくれない。所詮私は愛玩動物。オモチャに過ぎないんだから……。

この作品をつぶやく

関連作品

人気のキーワード